心理カウンセリング 野口暢子公式サイト【名古屋 くれたけ心理相談室】

インナーチャイルドセラピー

6d7ed85ef21f7d898dab6c4ce4e6901d

<インナーチャイルドワークとは何か>
子ども時代に、何らかのトラウマ的出来事を経験したことがありますか?
悲しく苦しい出来事があったにも関わらず、子どもだったがゆえに何も出来なかった。
そのとき感じた何らかのネガティブな感情が、いまだに癒されていない。
そんなときに有効なのが、インナーチャイルドワークです。

<どのようなプロセスか?>
ゆっくりとリラックスしながら、「トランス状態」になっていきます。
これは、意識がない状態ではありません。
日常の意識状態ではない、リラックスした意識状態のことを指します。
うとうとと、眠たくなっているような状態と思っていただくとよいでしょうか?

その中で、未解決のトラウマが存在する時代に戻って子どもだった自分(インナーチャイルド)と
会話をし、停滞していた感情を再体験して解放します。
過去の無力だった子どもの自分と、大人になった今の自分が対話することで
凍り付いて悲しみや怒りに取り付かれていた心に癒しのプロセスが起こります。
ご自分の力でご自分を癒すプロセスで、カウンセラーはそのガイド役です。

<とらわれを手放す>
愛するな、信じるな、わがままをいうな、我慢しろ、おまえはだめなやつだ・・・
苦しい時代に、子どもだった「あなた」はそんな理不尽な言葉を取り入れ
自分に言い聞かせ、順応し、なんとか生き延びてきました。
頑張って耐えてきた自分を認めて褒めてあげましょう。
そして、これまで自分を守ってきた故に自分を苦しめてもきた
「とらわれ」を手放しましょう。

<あなたのペースでゆっくりと>
インナーチャイルドワークは、1回40~60分くらいのプロセスです。
最初からご自分のインナーチャイルドに会える方もいれば
何回かに渡ってワークを繰り返される方もいます。
お気持ちとペースを大切にワークを取り入れていきます。

<そばにいます>
ひとりでは見つめられない、言葉でのカウンセリングではなかなか語れない
そんなトラウマ的経験を、一緒に乗り越える作業がインナーチャイルドワークです。
そのプロセスを心をこめて見守らせていただきます。心をこめて、ガイドいたします。

 

ご予約カレンダー(24h)又はフリーダイヤルから TEL 0120-03-5905 9:00~21:00(土・日・祝日も対応)
※留守電の際は「お名前・電話番号」をお伝え下さい。

PAGETOP