birthday-boy-1571731_960_720

家に帰るときに、とてもたくさんの荷物を持っていたら
小学校2年生くらいの男の子が、
「どうぞ」と、ドアを開けて待っていてくれました。

可愛くて、愛しい瞬間。
ちいさな紳士からもらう、小さな優しさにほっこり。
「幸せな大人になってね」そんな風に思いながら
幸せな夜を、過ごしました。

 

幸福学の研究では、幸せだと思う「幸福感」は、何かを買うよりも何かを経験するほうが
ずっと長く保てるのだそうです。
そして、その経験も、出来るだけ「味わう」ほうが
ポジティブな感情を高めることが分かっています。
週末、その週に起こった「よかったこと」「感謝できること」を思い出して、
思い返しながら、ゆっくりゆっくりと味わいなおしてみませんか??