image

あっという間に秋になり、看護学校の2学期が始まりました。
水曜日は、看護学校の先生です。

今学期は、SP(サブパーソナリティー)トランプで自己理解・他者理解がテーマです。
テキストにした、「セルフ・エンパワーメント」の後ろには簡易版のトランプがついています。
2年生も半ばになり、お互いに色々分かってきたところもあるクラスメイトと
トランプを使いながら、自分と他人の傾向を理解していきます。
「きゃ~、当たってる」「まじやばい」ワイワイ楽しそうな学生さんたちに
「占いじゃないよっ」笑いながら、言葉でなくトランプを用いる楽しさを体験してもらっています。

「相手をどう理解するか」は、対人援助職共通のテーマ。
切れて怒っている相手を、「切れ屋さん」と決めつけてしまうと
その人のことを大嫌いになってしまうけれど、
あ~、今は「切れ屋さん」の部分が目立ってるんだなとか
私が苦手なのは、あの人の「切れ屋さん」な部分、と
部分として理解していくと、苦手な人との距離感が少し変わってくるんじゃないかと思います。
部分、として理解しながら、切れ屋さんに自分のどのSPで対応するのか考えると
人間関係を冷静に見るゆとりが生まれてきます。
「切れ屋さん」に「言い訳さん」で対応すると、「切れ屋さん」はますます元気になるかもですね。
じゃあ、どれにする??そんな作戦会議を、グループでワイワイやっています。

今年で非常勤になって11年目。
以前は、ひたすら教えて理解してもらうことが大切だと思っていたのですが
こんな感じだよ、と基本を示したら、あとは自分たちであーでもないこーでもないと考えてもらう。
その過程を一緒に過ごしながら、学生さんたちの考える力や育つ力を信じて関わっていく方が
学んでほしいことがしっかりと学生さんたちの中に定着してくるような気がします。
授業はいつも試行錯誤、毎年私自身がいろんなことに気づきながら成長中です。
どんな仕事も、これでいいのだ!と思える時は、なかなかこないものですねぇ~。

学生さんたちの反応から色々学びつつ、この秋も成長してみたい私です。

とはいいつつ、40人相手に90分×2と戦いの後は・・・

image

自分に、ご褒美っ(笑)
スターバックスの新しいフラペチーノ、桃。
美味でした。