rainbow-436171_960_720

たくさんの時間、セッションをご一緒しながら
どうしたらいいだろう?という心の叫びを聴きつつ
難しいです、という悲痛な叫びに寄り添いながら
すぐに解決するような魔法の杖は差し出せないままに、ただご一緒します。

皆さんご自身の、「答えを見つける力」を信じつつお気持ちを聴き続ける。
簡単ではない、時間のかかる苦しいその作業を、ひたすらご一緒させていただきす。

長く苦しい、簡単には解決できない、悩みや苦しみをご一緒しながら
自分を無力だと思い、力不足を情けなく思う瞬間もあります。
今日よりも明日、よりよい「聴き手」でありたいと願い、努力もしますが
その方なりの「納得」や「癒し」にたどり着くのは簡単ではありません。

ですが、心の雨はいつか必ずやんで、ご自身なりの「答え」が見つかる瞬間が必ず来ます。
いつとは、分かりません。お約束も予想も出来ません。
ですが、その時は必やってくるのだと、これまでお会いした方々に教えていただきました。

心の天気が晴れ、そこに虹が現れるとき
その瞬間のみなさんの表情の美しさは、息を吞むばかりです。
それはまるで虹のように、ただただ美しく、そこには敬意しかありません。

私の仕事は、みなさんの心に「虹」が出る瞬間を信じてご一緒することです。
その心の虹の美しさが見たくて、今日も私はカウンセラーをやっているのだと思います。

今月の会社からのお題は、「カウンセラーになりたいと思った瞬間は」でした。
はっきりと明確に、どのような理由でいつカウンセラーになりたいと思ったと
答えることが出来ません。(いつなんだろう・・??)
ですが、カウンセラーで在り続けたいと思う理由であれば明確にお話することが出来ます。
これまで、いくつもの美しい瞬間をご一緒させていただきました。
これからも私は、その瞬間のために、たくさんの時をクライアントさんと重ねていきたいと思っています。