誤解を恐れずに言うと、偽完璧主義者は出来もしない目標を立てて
ちょっとやってみるものの、「ちゃんとできない」ので途中でやめるか手も付けないかのどちら。
(まったく他人ごとではありませんが)

目標を設定するときは、こんな公式に当てはめて考えてみてはどうでしょう??

Specefic 具体的なことを挙げる
Measurable 目で見て、結果が分かるものか?
Achievable 達成可能か?
Realistic 現実的な目標か??
Time 具体的にいつまでにやるのか(締め切りを作る)

最初から大きすぎる目標ではなく、小さな目標をたくさん積み重ねていくと
だんだん加速して意識しないうちに色々やれちゃってた、なんてことも起こります。
SMARTを使って、何をいつまでに目指すのか、まずは決めてみてください。
分かっていてやれてないことなども、当てはめてみるといいかもしれません。
また、いつどこでどんなふうにやるのかを、具体的にイメージすると取り組みやすいようです。

kids-football-goal-391228_960_720 (1)

さて、やってみましょ!

 

 

私は、個人的に溜め込んでいる心理検査の所見を今月中に書いてしまおうと・・・
S=報告書を提出してすっきりする。
M=今月取った心理検査分、あと7つ
A=やれる。
R=現実的で、しかもやるしかない。
T=9月1日に投函する。今日2つ。残り4つは、日曜日~水曜日で毎日1つ書く。
なんていう計画を立てました。だらっとせずに、シャキッと書きたいと思います。