13823667_1133330186739001_362109621_n
気分転換は、しばしば本屋さん。
この世から、本と本屋さんと図書館がなくなったら結構嫌かもしれません。
何の目的もなくぼーっと本屋さんに立ち寄るのが好きです。
で、読んでみたいな、と思った本を読む。
買った時期と読んだ時期が違う本も、割とあるかもしれません(積読)

ちょっと間が空いちゃいましたが、久々に読書。
「活版印刷三日月堂 星たちの栞 ほしおきさなえ著」
活版印刷という今ではちょっと珍しい印刷機を使って
祖母の古びた印刷所を再開した女性が、
依頼に応じて一枚一枚手作業で言葉を作業していく仕事をしています。
そんな三日月堂には、色んな悩みを抱えたお客さんが現れるのですが
活字と言葉の温かみによって心が解きほぐされていきます。
見慣れたPCとは違う作業で作られていく、名刺や招待状。
どんなふうに作りたいのか、イメージが湧かない。
そんな人たちに、三日月堂の弓子さんがそっと寄り添って
作りたいものを一緒に探していく、その過程が穏やかでなんとも素敵です。

心がほっこりする1冊でした。