2週連続、昨日も臨床心理士パワーアップ講座に行ってきました。
3回目は、精神疾患。
「さあ、今日もテンション上げていってもらいますよ~。
今日の範囲は、試験に関係なく臨床家として当然知っていないといけないでしょう。
私子どもが専門だから統合失調症分かりませんとか、意味不明ですからね!」
「来月模試がありますけどね、出来ればいいのは最後の試験だけ。
それまでは、模試も問題解く解くときも、どこができないのかわかればいいだけ。
模試の成績がよくて有頂天になるのはどあほうです。
いいですか、出来るか不安だわ、じゃないんです。
不安ならやるだけ、行動あるのみですよ!!」
鬼軍曹は、今日も元気です。
テンポがよくて、緊張感があって、飽きさせない(ついていくのに必死ともいう)
この上なくうまい授業で、ポイントがよくわかる。
初回こそ、関西弁の「あほ」に圧倒されていたのですが
回を追うごとに、芸術的にすら思えてくる美しい授業が展開されるのが分かります。
(「あほ」に圧倒されていたのは私だけのようで・・・、関西人はさらっと聞いているようです)
聞いて、自分の言葉で理解する。記憶を、ああやったことあるなと「再認」するのではなく
それはこういうものです、と「再生」できるまで理解する。・・・そこが、厳しい・・・

ここまででやってきたことは、心理査定と精神疾患。この次が心理療法。
臨床心理業務のキモとなるものを先にやって、しっかりと抑える。
そこに基礎心理学を入れましょう~、というものらしいですが
そんなに覚えられるんだろうか!?という量に、すでにタジタジ”(-“”-)”
ま、そこで「不安になるならやる、落ち込みはいらない、行動しかいらない」
のでしょうねえ~(繰り返し言われるから、染みついてる)
ああ、言い訳したい。言い訳して逃げたい(弱気~)

人が不安でとる行動は回避、恐怖でとる行動は逃避。
すでに回避したい気分ですけど、そうはいきません。
が、頑張ろう・・・・(ぜいぜい)
年齢に負けるな!、と自分に言い聞かせる今日この頃です。

12985430_1057519427653411_2604571689512480122_n
くたくたの夜に、癒してくれる甘えん坊のうみくん。
iphone6は、キミを美しくとるためにある(#^.^#)