かつて、両眼ともに2.0という時代を四半世紀以上過ごし・・・・
この世の中に見えないものなど何もない、位だったワタクシ。
10年くらい前に、遠くが見えにくいという現象が現れ始め眼科に行きましたら
両眼ともに、1.5。
眼科医の先生に、
「普通の人はこの視力で十分満足して暮らしているよ」と言われました。
いつまでもあると思うな視力?というわけで、その後も順調に?緩やかに下降し
最近は、1.0を切ってしまっていまして、免許の更新がちょっと危うい。
困るのは、地下鉄のホームに立って時間が見えないこと。
これは困る、というわけで、再び眼科に行きましたら、何やらたくさん検査をして
先生には「今日はどうしてきたの」とも聞かれないまま、
「老眼とドライアイ、目薬だすね」と言われまして
「遠くが見えないって言ってるだろーっ(問診でしか言ってない)」と
反論する機会もないままに目薬を渡され、ちょっとムッとしておりましたら
たまたまお仕事でご一緒したオプトメトリストさん(目の感覚の専門家)が
「メガネ屋さんに行ってみたら?処方箋なくてもメガネは作れますよ」と助言してくださいました。

というわけで、生まれて初めて眼鏡屋さんに行ってきました@キクチメガネさん。
ここでも、何やらたくさんの見え方の検査をしました。視力は、0.3と0.5.
人間には、「利き目」というのがあるらしくて、私の場合は右目。
老眼の始まりもあるものの、それは近視があるので、+-ゼロ。
それよりも、一番見ることを阻んでいるのは「乱視」
いろんなレンズを組み合わせていくと、それまで点のようだった視力表が文字に見えるようになり
レンズの力ってすごいのね、と実感です。
近くの文字を見るのには困っていないので、まずは遠くがクリアに見えるようなレンズから
初めてのメガネ生活を始めてみることになりました。
メガネ、ぜんぜんっ似合う気がしないんですけど・・・・

ところが、そこはプロとはすばらしいもの。
顔の形や髪の長さや肌の色などなどから、山のようにあるフレームの中から
リーズナブルでわりと似合いそうなものを選んでくださいました。
メガネは、レンズを作ったりするのに時間がかかるそうで、出来上がりは1週間後。

12804809_1043700995671026_3990189378240089598_n
(お誕生日に、弊社社長に遊ばれた1枚。)

さて、どんなメガネになりますやら??
ブルーライトカットにしてもらったので、パソコン生活が今より快適になりそうです。