週末は、名古屋で開催されたコネクションプラクティスPart3に参加してきました。
昨年、日本に上陸したばかりのこのワークショップ、名古屋開催は今回初めてです。
アメリカ・ハートマス研究所から「クイックコヒーランス」を
CNVCから、NVC(非暴力コミュニケーション)の共感のスキルを取り入れたこのプログラムは
人と人がより深くつながるための、いくつかの考え方やスキルを学ぶためのものです。

12939350_1047689215303099_302579386_n
会場は東別院会館、東別院の満開の桜を見ながらの1日半です。

12910462_1047689188636435_1698497775_n
PART3は、「つながりの調停」
対立した2者の関係の間に立って、それぞれを尊重しながら解りあうのをサポートする
そんな過程を、実際に調停役になりながら学んでいきます。
対立しあう二人の、気持ちは何だろう?その気持ちの奥にある、「ニーズ」は??
多くの争いは、手段の違いから起こるもの。でも、それぞれが自分を満たすために求める
ニーズを手掛かりにすれば、暴力的ではなく解りあうことが可能になる。
コネクションプラクティスは、人と人との関係にそんな希望を見せてくれます。
自分の感情から目をそらさないでしっかりと感じる、どんな気持ちも感じてOK.
そして、その気持ちの奥にあるニーズを見つめるときに、
これまでとは違う物事や争いのとらえ方につながっていきます。

メインはつながりの調停ですが、最終日は自分を責める自分の声とも向き合ってみます。
誰だって、相手を責めることもあるけど、自分で自分を責めてしまうこともありますよね!
日常生活の中で、ふと自分を責めるのはどんな声!?
「(ごはん)また手抜き?」
「家の掃除できてないね」「段取り悪いよ」それぞれの心を責める声に・・・
参加者の働く主婦全員、撃沈(*´Д`)心が痛いっ!!!!

12961697_10204710775809261_1287803748254781958_n

そんな、責める声にも共感できるかしら??
痛すぎてそんなことできないときは、心が痛い自分に共感することから始めます。
掃除できない→ぐさっ(痛い)→うっ、罪悪感感じるね。(ニーズは)気楽さが満たされないね。
「掃除できてないね」→そう思うの、居心地悪いかな?空間や秩序が大切だからかな?
そんな風に話していきます。
普段だったら、責めっぱなしの自分の心の声、
ちゃんと立ち止まって振り返って、その躓きを取っておく。
それが、自分も相手も大切にすることにつながっていくのだと、改めて学びます。
「コネクションプラクティスするって、相手に愛をあげること」
参加者の方の言葉が、とても印象的でした。

さて、計36時間5日間のプログラムが終わりました。
12922297_10204710730488128_219027838_o12953083_10204710732888188_1302140181_o
無事、修了証書をゲット!(ハグ付き)

12923103_10204706757868815_7177363467433359773_n
とても素敵な学びの時を過ごすことが出来ました。みなさんに、感謝です。
この素敵なプログラムを、この先はくれたけココロ塾などを通して、みなさんにもお届けしますね!

次回、コネクションプラクティスPART1名古屋開催は、2016年8月上旬の予定です。
こちらのHPもご参照ください。(BepeaceJapan
注:Bepacepracticeは今年度よりコネクションプラクティスに名称が変更になります。