10968350_922342347785834_5801917049386501849_n

最近、「レジリエンス」という言葉を耳にしませんか??

なにか逆境といわれるような出来事に遭遇しても
その乗り越え方には個人差があったり
その後にも、「差」があるという研究が戦争の後にはされてきました。

そして、その「差」にはその人の「レジリエンス」が影響していることがわかってきました。

レジリエンスは、いうなれば「心の弾力性」や「心のしなやかさ」といったものでしょう。

そして、そのレジリエンスは生まれながらに持っているものだけではなく
後天的に身につけることができる。

そんな研究の結果から、レジリエンストレーニングは生まれました。

ネガティブな気持ちをコントロールしたり
ポジティブな気持ちを持続させたり、

物事に出会ったときの、「捉え方」を変えたり
自分の考え方の「クセ」を知ってその扱い方をこれまでとは変えたり
これまでの人生の中での「逆境」を乗り越えてきた際の自分の「強み」を知ったり

レジリエンストレーニングは、自分を知って生かしていく。
そんな方法をいくつも学んで実践していくことで
心の筋肉(レジリエンスマッスル)を鍛えていきます。

 

これまで、レジリエンスが大切であるということは言われてきましたが
それをどう鍛えていくのか、という具体的な方法はあまりありませんでした。

私がご紹介するレジリエンストレーニングは、幸福学・ポジティブ心理学・認知行動療法といった
これまでの心理学の知見に裏付けさせたものです。

とはいっても、とても硬いものなのか??というとそうではありません。

実は、これまでの人生の中でも知らず知らずのうちにこういうことやってたな~。

心理学やコミュニケーションの理論にはそういうものが多いのではないかと思います。
知らず知らずにやっていることに、スキルとして名前をつけ、意識的に実践する。
そうすることで、それまで以上に物事を円滑に進めていくことが出来る。

平たく言えば、「楽に生きることの出来る」自分になるのではないかな、と思います。

 

レジリエンストレーニング(レジトレ)、してみませんか??

名古屋では、くれたけ心理相談室ココロ塾の「大人女子のためのサードプレイス」で
毎月少しずつ、ご紹介していきます。

 

第一回は、3月12日11時から 栄のカフェバンサンヌドゥ(cafe vincennes deux)で
開催いたします(1000円+ワンドリンク)

詳しくは、こちら