araiguma01

なにか目標に向かって進んでいくとき・・・・・

たくさんの、やらねばならないことがあります。

ですが、「分かっていてもやりたくない」ものまた人情。

そんなときの第一歩は、「必ず出来ることからはじめる」です。

やらねばならないことを、小さく分解して

どんな状況でも「毎日必ずやる」ことを1つ、自分で決めるのです。

 

それから、「いつまでに~する」といった目標を立てます。

そう、みなさんそこまではご自分でやられたことがありますよね?

そして、それがなかなか上手くいかない・・・・・

分かります!

分かっているけどやれない、を阻むのが・・・・・「怠け心」!!!

 

怠け心はどうしたらいいのか?

やらねばならないこと、いつまでに~やる、の敵が怠け心なら

対抗するのは、「罰」です。

怠け者は、ご褒美では動きません。

ご褒美もあったらいいな~とは思うのですが、

それよりも今の即時的怠けのほうがずっと魅力です。

 

罰なんて厳しい!?そりゃそうですよ。

苦労なしに何かを成し遂げられるのは天才だけ。

凡人は・・・・努力あるのみですもの。

具体的には、「○月○日までに~しなかったら、罰として~する」と決め

親しい誰かに公言します。(強制力です!!)

そして、それをしない場合は、本当にその罰を自分で自分に課すのです。

 

「罰」

それは、そうなったら、嫌だな~くらいの自分にとってイタイものでなくてはいけません。

 

例えば、今回資格試験の勉強をしようとしている私ですが

昨年は「受かったらヴィトンのお財布買ってね」なんて夫に言って

かなり高価なご褒美で自分を釣ろうとしてみました。

ところがですね・・・・(汗)

別にヴィトンのお財布がなくても全然平気なんですよ(苦笑)

当然、やらないままだらだらと日々を過ごして言い訳だけが上手くなるわけです(情けない)

というわけで、今年は罰を自分に課すことにしましたが

「○月○日までに、~しなかったら、~に5000円寄付する」

とかだと、イタイにはイタイですが

やらなくてもちょっといい人感を味わえるのでやらない危険があります。

○○のランチに行かない、とかでも、「それならそれで」とか思いそうです。

やらなかったら、猫を養子に出すとかメチャクチャ痛いですが

人としてそんな目標は立てれません。

日ごろ「猫と宝塚と仕事があれば他には何もいらない」を公言しておりますが

おっと、そう・・・・宝塚を見るのは絶対に止めたくありません

(そのために生きているといっても過言ではありません)

そんなイターイ目標やりたくないなぁ・・・・・・・と思いましたが、

だからこそ、効果があります。

やると決め、毎日DVDのスイッチをいれるは欠かさずやっている私ですが

「1月7日までに、~をしなかったら、8日の明日海りおの公演は見ない」

と、宣言してしまいました(汗)

明日海りおさん、絶対に見たいので・・・・・・今私、かなり真剣にやっております。

怠け心には罰、効果を実感している毎日です。